頭部MRI検査とは

頭部MRIは脳内組織の状態を調べ、脳血管疾患(くも膜下出血や脳梗塞)の有無を確認するために行います。
片麻痺や言語障害、意識障害などは、脳出血や脳梗塞のときに認められる最も大きな症状です。
頭部MRI検査では、症状の伴わない『隠れ脳梗塞』や『脳腫瘍』、『脳出血』など脳の疾患を発見することができます。

頭部MRA検査とは

頭部MRAは脳動脈瘤や動脈の狭窄・拡張などの有無を確認するために行います。
脳血管の狭窄、動脈瘤や血管奇形を発見することができます。
くも膜下出血の原因となる動脈瘤の発見に役立ちます。
大きく破裂の危険の高い動脈瘤に対しては、予防的に手術することもできます。

頸部MRA検査とは

頸部MRA検査では、頸部(首)の血管の様子を立体画像で写し出します。
頸部には、心臓から脳へ栄養や酸素を送る太い血管(頸動脈)があります。
頸部MRAは『脳梗塞』の大きな原因となる、頸動脈の動脈硬化の程度がわかります。
早期に発見することで、脳梗塞の予防を行うことが可能となります。